川越まつり2014の日程と詳細情報、見どころは?



Sponsored Links

川越

埼玉県川越市で毎年10月に開催されている川越まつりは有名ですね。

川越は埼玉県の南部に位置し、都心からもわりと近いため都内からかなりの人が訪れるとか。

川越は江戸時代に城下町として栄えたため小江戸と呼ばれ、昔ながらの町並みが残され、

海外からの観光客からも人気が高く年間600万人もの観光客が訪れる。

管理人は埼玉の学校に通っていたので川越には何度も行きました^^町並みが素敵で食事も

美味しくて大好きな町です。そんな大好きな町の自慢のお祭りを紹介したいと思います。

ちなみに川越まつりには100万人もの人が訪れるようです。

Sponsored Links

 

川越まつりとは?

川越城下の大半が焼き尽くされた寛永15年(1638年)の川越大火の翌年に幕府老中首座であった松平信綱川越藩主となり町の再興が為される中、慶安元年(1648年)、松平信綱が二基の神輿・獅子頭・太鼓を寄進、川越総鎮守である氷川神社の神事として神輿渡御信綱が行われるようになった。慶安4年(1651年)には祭礼となる。経済的に繁栄した川越商人の町方文化が花開いて、元禄11年(1698年)には踊り屋台が、天保13年(1842年)には商人町と職人町であった城下の十ヶ町に人形山車が登場するなど変遷を経る。

関東で珍しい山車のお祭り。
川越まつの様子

昼も夜も素敵ですね。山車が立派だこと><行きたくなります!

Sponsored Links

 

川越まつり概要

2014年10月18日(土)、19日(日)

詳しいことはまだ未発表のようです。

 

川越まつりアクセス

電車

・大宮➡川越

JR川越線で約20分

・池袋➡川越

東武東上線急行で約30分

・新宿➡川越

JR埼京線快速で約50分

西武新宿線特急で約45分

・渋谷➡川越

東京メトロ副都心線で約50分

・横浜➡川越

湘南新宿ラインで約75分

※川越まつり当日は交通規制が入るため、電車でお越しください

 

川越まつりの見どころ

動画でもありましたが、豪華な山車が小江戸を曳行する姿。さらに山車同士がすれ違う「曳っかわせ」が

笛や太鼓で競り合う様子は圧倒されます。また2005年に国指定重要無形民俗文化財となった。

山車は29台もあります。また昼と夜で別の楽しみがるのも魅力です。

 

昼の川越まつり

山車の個性を楽しむ。人形や彫刻などに細かい違いがあります。

その違いを目で楽しむのが昼の川越まつりです。

 

夜の川越まつり

提灯に明かりが付けられ、幻想的な山車を楽しむことができます。

 

曳っかわせスポット

・札の辻交差点

・本川越駅前交差点

 

川越まつりまとめ

昼も夜も見ておくべき。特に夜は盛り上がりが最高潮に。

常連も圧倒されるほどの人混みなので覚悟して行くこと。

子供連れは気を付けて参加することをおすすめします。

是非この豪華な山車を見てきてくださいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【たくさんのお祭、イベント情報が満載!】

毎日たくさんのイベント情報が発信されています☆☆



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ