西条祭り2014日程と詳細と



Sponsored Links

愛媛県の秋まつりといえば

西条まつりですね!

西条まつり2

あのだんじりと神輿が川に入っていく祭りです!

一度でもテレビで見たことある方は印象的ではないでしょうか?

そんな西条まつり2014についてまとめました。

愛媛の人は、正月とお盆は帰省しなくても西条まつりの日には帰省すると

言われるくらい盛んであり、地元の人たちに愛される祭りです。

実際に市内で売られている西条祭りカレンダーは祭りがある10月から

始まります!

よっぽど愛されてますね♪

 

Sponsored Links

西条まつり2014の日程と詳細

【名称】

西条まつり

【日時】

宮出し:10月15日(水) 2時~6時

お旅所:10月16日(木) 1時45分~4時45分

御殿前:10月16日(木) 6時25分~9時15分

古玉線:10月16日(木) 10時20分~12時5分

川入り 宮入り:10月16日(木) 17時15分~17時半

【場所】

愛媛県西条市

【アクセス】

西条市ホームページ参照

 

西条まつりの見どころ

なんと江戸時代から300年も続いている西条まつり!歴史が長いんですね。

なんと150台以上のだんじり、神輿、太鼓台が神社に奉納される。

10月15日2時~6時に伊曾乃神社に奉納される数は80台以上だそう。

1つの神社に奉納される数としてはダントツの数。

 

そして、西条まつりといえば。。

西条まつり

やはりこのイメージではないでしょうか?

なんと100個以上もの提灯でだんじりと神輿が飾り付けられているんです。

16日の夜中に100個以上の提灯で美しい光をはなつ神輿が次々と入場し、奉納する様子は

あまりにも美しく力強く、圧倒される。

そして忘れてはいけないのが16日の川入り。神輿10台以上が合図と同時に一斉に川入りする

様子も圧巻の迫力。

非日常的な光景に圧倒されます。さすが西条祭り。

神輿が重そうですが、そんな雰囲気を感じさせない力強さがあります。

西条祭りの特徴として、担ぐだんじりが1番にあげられるのではないでしょうか?

全国的にはだんじりに車がついていて、曳いていくものが多いのですが、西条祭りは担ぎます。

(一般的にだんじりが山車(車がついている、神様が祀られていないので人も乗れる、

神輿は神が祀られていて人は乗ってはいけない)

10人で800キロくらいのだんじりを!そんな状態での川入り。

 

何も知らずに見る川入りとは見る目が変わりますね^^;

神輿が膝まである加茂川を渡り、伊曾乃神社に帰っていきます。

すべての神輿が渡り切ると祭りは終わりです。なので少しでも長引かせるために神輿の

行く手を遮るだんじるもあるそうです。この川入りは30分ほど続き、西条祭りの1番の見せ場として

クライマックスを迎えます。

 

また、細かい見どころとして、だんじりの柄が素敵なんです!歴史好きにはたまらない

神話などを表したもので、通にはとても人気があります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【たくさんのお祭、イベント情報が満載!】

毎日たくさんのイベント情報が発信されています☆☆



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ